はちど

ボードゲームのレビューなど。

*

人狼イベント「狼と幻想の夜 vol.5」に参加しました。

      2013/11/22

Hachiです。
今月も人狼イベントに参加してきました。っが。
当日は雨だったからか、いつも以上に人の集まりが悪く。

人が集まるまでの場つなぎで別のゲームをプレイしてみたり。
人が集まらないけどどうしても人狼(正体隠匿系)やりたくて
「レジスタンス・アヴァロン」をやってみたり。
きよちゃんとSHIOちゃんが遅れてきてくれて
ようやく3回ほど人狼がプレイできたり。
そんな感じの人狼会でした。

場つなぎゲーム

キャットアンドチョコレート 幽霊屋敷編

いわゆる猫チョコです。
山札からめくられる危機的状況カードに対して、
手札のアイテムカードを使って切り抜けるという連想パーティゲーム。
最初にやってみようと提案したのですが、
思いのほか時間がかかってしまい、人が来る度に中断するので
あんまりよろしくないね、と別のゲームへ。
# まあ、別の機会にやりたいですね。

闇の怪盗(Die Schattendieb)

バッティング・チキンレース型カードゲーム。
手札の財宝を1枚ずつ出して自分の金庫にしまい込み、
金庫を閉じればそれらの財宝が得点として確定しますが、
同時に出された他のプレイヤーのカードと
数字が一緒だった場合は、金庫に収めることができません。
また、ラウンドの最後まで金庫を閉められなかった人、
もしくはラウンドの最後に金庫を閉めた人たち全員は、
金庫を閉めることができなかったとし、得点することはできません。

あっさりできるということで3連戦ほど。
あまりにあっさりしすぎていて、
戦略もなにもないなぁ、とは思いましたが。
カウンティングすれば違うんでしょうけど、
ハゲタカのえじきほどピリピリしないなーと。

レジスタンス:アヴァロン

人狼会に来てるのに人狼(系)やらないのもなーということで、
正体隠匿系ゲームであるレジスタンス・アヴァロンをプレイ。

アーサー王の親衛隊と、王国転覆を目論むモードレッドの陣営の
2チームに分かれての団体戦です。
モードレッド側は味方が誰かを知っていて、
アーサー王側は誰が何なのかを全く知らない。
ただし魔術師マーリンだけは敵が誰かを知っていて、
モードレッド側の暗殺者に気付かれないよう行動しなければならない。
「人狼からGMと脱落者をなくしました」というスタイルのゲームです。

ルール説明を読んでも、あまりピンとこない感じだったんですが、
プレイしてみたら印象がけっこう変わりました。
メンバー否認と承認の理由とか、クエストの成否に関する考察とか。
コンポーネントが少ない割にかなり濃厚なゲームです。
# 人狼はもっとコンポーネントが少なくて濃厚なゲームだから、
# コンポーネント量とゲームのボリュームは必ずしも比例しないんだよなあ。
# あとは、一緒にプレイした面子に恵まれたから良いゲームだった(逆も然り)
# というのも、アナログゲームではありがちな話です。

ニムト

きよちゃんが来たので軽めのニムトへ。
牧場物語。(ゲーム説明終わり。)

小箱カードゲーム・ほとんどの人にインスト不要・ルールが簡単・
そこそこ戦略が必要な運ゲー・人数制限がゆるいという
ゲーム会の繋ぎにはもってこいなゲームですね。
ニムトは参加する人や人数が変わると最適な戦略自体が変化するので、
対戦相手が変わるだけで毎回新鮮にプレイできるのも良いのかも。

そして人狼へ

SHIOちゃんも来てくれて、これでGM抜いて8人。
ようやく小さい人狼村が立てられるように。
今回は他ゲーが濃かったので、サマリのみ書いていきます。

第1ゲーム

内訳は、人狼2、占い師1、守護者1、村人4。
自分の役職は村人で、吊り手数は8>6>4>2の3手。

序盤「人柱立候補は出したくない」、
「2人を仮選出してCOなければ吊り候補にする」という流れで
私とVisionsさんが選ばれ、Visionsさんが占い師をCO。
この辺は良い流れが作れていて、その後の人狼の噛みは
守護者→占い師と役職持ちを確実に当てていっていましたが、
村人も2吊りで人狼を両方吊りきることができて
村人の勝利となりました。

守護者の能力がミラーズホロウ準拠だったので、
噛めそうなタイミングで占い師を噛んだ印象。
守護者の守り先にしろ、人狼の噛み先にしろ、
「普通に考えたらそこだよね」というところだったので、
人読みがある程度できちゃったところはありますね。

第2ゲーム

内訳は、人狼2、狂人1、占い師1、狩人1、魔女1、笛吹き1、キューピッド1。
村人不在の役職カオス村。私は人狼でした。相方すぎなみさん。

Goukiさんが占い師CO、対抗は無し。
SHIOちゃんが「吊らないでくれ」と狩人CO。
私、即対抗。でもよく考えればこの行動は大失敗でした。
Goukiさん、SHIOちゃん、私以外から1人占い先指定をし、
残った4人でグレラン、すぎなみさんが吊られることに。(まさか。)
ここですぎなみさんが遺言で対抗占い師をCO。(えーっ!)
まあ、ならばそれをうまく使おうということで、その夜には
敢えて真占い師であろうGoukiさんを残してちゃぼさん噛み。
結果的に、魔女はそこでうまくミスリードしてくれて、
同じ夜にGoukiさんを毒殺してくれました。ありがとう。
次の日は、結果的に占いロラ完遂状態だったので、
じゃあ狩人ランすればいいよね、という流れで、
SHIOちゃんが処刑され、真狩人として私を道連れに。
しかしGMのミスにより、噛んだはずのちゃぼさんが
蘇生されていないのに脱落していないまま昼が進行したため、
なんだかもやっとしたままゲームは終了。
村人陣営勝利、でいいのかな。

第3ゲーム

内訳は先ほどと同じ役職村。
私はキューピッドで、先に対抗したSHIOちゃんと恋人に。

すぎなみさんが占い師をCO。(また?)
SHIOちゃんが狩人をCO。(また!?)
色々あってSHIOちゃんが噛まれ、
人狼と相打ちになってやろうとしているところで、
誤って人を減らしすぎると危険だから
どうせ一緒に死ぬ俺を撃てと忠告w
なんだかドラマっぽいことが起きつつ、
今日は全員の勘が冴えていたのか今回も2日で人狼を吊りきり。
しかしここでまだ生き残っていた笛吹きが呪いを完遂し、
笛吹きの勝利となりました。
(最後またちょっとごちゃっとしちゃったけどね。)

総評

なんか最近は参加者めっきり減って寂しいです。
寂しいくらいならまだいいんですが、
人狼は10人程度集まらないとできないので、
会の存続にも関わりそうな感じ。
ガチ勢が多くてとっつきづらいかもしれないですが、
ぼくたちわるいボードゲーマーじゃないよ。ぷるぷる。

表現はあれですが、ボードゲーマーにとって何より大事なのは、
一緒にゲームをしてくれる相手がいることです。
相手のプレイングが下手でも何でも
それを嫌だと思う人はあんまりいません。
むしろ一緒にゲームをしてくれたことに感謝すらしていますよ。
だから、ご新規さんも出戻りさんも、ぜひ一緒に遊びましょう。

sns-widget

更新情報の確認にはこちら!

 - 狼と幻想の夜 , , , , , ,