はちど

ボードゲームのレビューなど。

*

人狼イベント「狼と幻想の夜 vol.7」に参加しました。

   

Hachiです。

いつもの人狼イベントに参加してきました。
今回は最低限人狼ができる程度しか人が集まらず。
そのぶん1ゲームがコンパクトで数をこなすことになりました。

また、今回は新しい試みとして、
ゲームごとに事前に希望する役職を書き、
GMができる限りそれに沿って役職を配布する
というゲームをやってみることに。
これは、全員が経験者だからこそできたことかなと思います。

以下レポートです。

前置き

先にも書いていますが、今回はゲームの回数が多く、
全てのゲームをご紹介することはちょっと難しいです。
この日にプレイした6ゲームのうち、今回のレポートでは
特に印象に残った最後の2ゲームを紹介しようと思います。
印象的だったとはいっても、枝葉の部分については
他のゲームと記憶が混ざっちゃっていたり、
うろ覚えな部分もあるかもしれません。予めご了承ください。
# 次回から、ゲーム中ももう少ししっかりメモしようかな、と思ってます。

あとはいつもの人狼会レポートと同じ注意事項です。
人狼ゲームの基本的なルールについては記載しておりません。
今回は専門用語が多めになってる気がします。
不明な用語は各自調べるかコメントください。
各ゲームの細かいルールはコピペです。
変更点や要点はそのあとに要約としてまとめますので
コピペを読むのがだるい場合はそこまで読み飛ばしてください。

第5ゲーム

村のルール

  • 勝利条件
  • 人間チーム
    すべての人狼を処刑により脱落させる。
    人狼チーム
    人狼と人間の数を同数にする。
  • 配役
  • 村人[5人]
    人間チームです。
    特殊な能力は何もありません。村の大多数を占める役職です。
    占い師[1人]
    人間チームです。
    夜のターンに任意の生存者1名が
    人狼か、人狼でないかを知ることができます。
    守護者[1人]
    人間チームです。
    夜のターンに任意の1名を人狼の襲撃から守ることができます。
    自分自身を守ることは可能ですが、同じ人を守り続けることはできません。
    狂人[1人]
    人狼チームですが、占いの結果は「人間」と判断されます。
    人狼が誰であるかを知ることはできません。
    人狼[2人]
    人狼チームです。
    自分と同じ人狼である人が誰かを知ることができます。
    夜のターンに任意の人間1名を殺害しなければなりません。
  • Extraルール
    • ゲーム前にやりたい役職をGMに提出して
      可能な限りそれに合わせる半任意選択式です。
    • 脱落した場合の役職公開はありません。
    • 占い師は初日に占うことができません。
    • 昼のターン最後の投票は全員一斉に行います。
    • 最多同数票が2名以上いた場合は決選投票を行い、
      決選投票でも同数票であった場合はその日の処刑が行われません

要約

タブラの狼準拠のルールです。
役職は村人5、占い師、守護者、狂人、人狼2です。
占い師は初日に占うことができません。

プレイレポ

役職は狂人になりたかった村人。
10人村、吊り手数は10>8>6>4>2の4手。

2日目。
初日占いがなく、占いCOによる情報の増加が見込めないので、
前情報なしの事前投票により複数票をもらった人から
役職の有無を確認して本投票の候補を絞り込む方法を採ります。
結果、クドウさん、ちゃぼさん、SHIOちゃんが複数票をもらい、
そのうちちゃぼさんとSHIOちゃんが役職ありとのことで、
クドウさんが人柱となってしまいます。

3日目。
前日の事前投票で役職ありとして吊り回避したちゃぼさんとSHIOちゃんに
改めて役職を伺ったところ、SHIOちゃんが守護者をCO。
ここまではいいのですが、その直後、Mizuさんとハバさんが
守護者対抗COをし、Visionsさんが占い師をCOします。
前代未聞の守護者3COですが、改めて考えれば、
[2日目役職持ちCO:2人]+[3日目守護者対抗CO:2人]+[3日目占い師CO:1人]
と、村人視点で人外全露出という状態でした。
これで負けないわけがない。村人勝利です。

SHIOちゃんの守護者COのタイミングで私は
「しまった、それはCOしなくていいのに」
みたいなこと言いましたが、
村人側の役職は占い師と守護者しかおらず
占い師じゃないけど役職ありますっていうと
守護者が確定してしまうので、別に駄目ではなかったですね。
# むしろ積極的に役職を聞き出そうとした私の方が駄目でした。
我々の村の守護者は多くの場合で自分を守ることもできるから、
守護者COそれ自体は悪手じゃないのかもしれません。

第6ゲーム

村のルール

  • 勝利条件
  • 人間チーム
    すべての人狼を処刑により脱落させる。
    人狼チーム
    人狼と人間の数を同数にする。
  • 配役
  • 村人[5人]
    人間チームです。
    特殊な能力は何もありません。村の大多数を占める役職です。
    占い師[1人]
    人間チームです。
    夜のターンに任意の生存者1名が
    人狼か、人狼でないかを知ることができます。
    守護者[1人]
    人間チームです。
    夜のターンに任意の1名を人狼の襲撃から守ることができます。
    自分自身を守ることは可能ですが、同じ人を守り続けることはできません。
    狂人[1人]
    人狼チームですが、占いの結果は「人間」と判断されます。
    人狼が誰であるかを知ることはできません。
    人狼[2人]
    人狼チームです。
    自分と同じ人狼である人が誰かを知ることができます。
    夜のターンに任意の人間1名を殺害しなければなりません。
  • Extraルール
    • ゲーム前にやりたい役職をGMに提出して
      可能な限りそれに合わせる半任意選択式です。
    • 脱落した場合の役職公開はありません。
    • 占い師は初日に占うことができます。
    • 昼のターン最後の投票は全員一斉に行います。
    • 最多同数票が2名以上いた場合は決選投票を行い、
      決選投票でも同数票であった場合はその日の処刑が行われません

要約

占い師の初日占いが復活した以外は第5ゲームと同じです。

プレイレポ

役職は占い師。

2日目。
様子を見つつ占い師COしようかなーと思っていたところ、
ゲーム開始直後にすぎなみさんが占い師COをしてしまいます。
占い結果はVisionsさんに黒出しだったので、狂人の黒特攻かなーと
あまり気にせず私も占い師をCO。Mizuさん白でした。
占い師2COなら様子見でグレラン投票ですかね、
と提案しようとしたところ、
すぎなみさんから黒を打たれたVisionsさんが
さらに占い師をCOし、占い師3COという状態に。
こうなってしまうと占い師3COのうち2人は人外なので、
全員吊ってしまえの占い師ランを提案します。
結果は、私以外の2人に投票が分散して決選投票となり、
さらに決選投票でも票が分かれてしまい、
処刑なしとなってしまいました。

3日目。
人狼の襲撃は失敗となり、犠牲者なしでした。(守護者GJ!)
吊りも噛みもなかったので、人数は前日と変わらずの進行。
おそらく私が噛まれそうになって守られたんだろうと思い、
この日が情報を残せる最後の日であると思いながら臨んでいます。
まず私の占い結果を発表。EMaさん白でした。
この日は、前日に占い師COをしたはずのすぎなみさんが
占い結果を言わずに話を進めようとしていて、
それを遮っての発表でした。
その後のすぎなみさんの占い結果はMizuさん白。
私の前日の占い結果と同じところを占っているという、
あからさますぎる人外臭です。
むしろこういうときに村人やりたかったよ、と思うのですがw
各占い師視点での予想として、
すぎなみさん狂人・Visionsさん人狼・あとグレーに1人人狼、
という内訳予想を残して噛まれに行きました。
3日目の処刑は人狼の疑いが強かったVisionsさん。

その後。
残った1人の占い師すぎなみさんを吊って
占い師ローラー完遂という流れのなかで、
2人の占い師から白を出されて村人視点で割と白めのMizuさんから
「SHIOさんが怪しいので今日はSHIOさんに投票します」
という宣言が出ます。
確かに、SHIOちゃんはこれまでのゲームと違って
口数が少なく、そこに違和感を感じたMizuさんの一手でした。
# 私は噛まれてから墓場会議中に言われて気付きました。
この強烈な一手により人狼は封殺。
次の日にはすぎなみさんも吊られ、村人の勝利となりました。

単に思考停止して占い師ローラー完遂だけをした場合、
残り1人の潜伏人狼が見つからない事態になってしまいます。
そこが占い師3CO状態からの人狼側の頼みの綱だったようですが、残念。
Mizuさんの観察力が一枚上手でした。

総評

この日の6ゲームのうち狂人を入れた上記2ゲーム含む4ゲームは、
役職内訳的に人狼側が有利(吊り4人外3)なゲームばかりでした。
にもかかわらず、この日は村人側が全勝という結果になっています。
各ゲームごとにその理由があるとは思いますが、全体を通して考えると、
各々が自分の希望する役職をもらえるようになって
有利不利は別として試してみたい戦術をみんなで試した結果かなと思います。

村人側の役職は「本当のことを言う」という根幹さえ揺るがなければ
どんな戦術を採っても不利になることはありませんが、
人狼側は嘘の吐き方のバリエーションが豊富にあり、
採る戦術によっては自分から不利になっていくこともありますからね。
# 第5ゲームの人外全露出とか。ゲーム中では気付かなかったのであれですが。

我々の人狼会もこれで7度目となり、ゲーム数で数えると
皆勤賞の方で20ゲーム以上プレイしていることになります。
人狼ゲーム自体にはだいぶ慣れてきたところがありつつ、
今までどうしても特定の役職を引いたことがなく立ち回りが明確でない
という実感も同時に感じていました。
そんなところで、今回の役職選択の試みは
役職持ちとしての立ち回りを鍛える絶好の機会だったかなと思います。
面白かったかどうかで言えば、ランダムの方が面白かったと思いますけどw

sns-widget

更新情報の確認にはこちら!

 - 狼と幻想の夜 , , ,