はちど

ボードゲームのレビューなど。

*

マルコポーロの足あと(The Voyages of Marco Polo)

      2016/01/19

Hachiです。

年末年始はビデオゲームのほうに力入れてて(主にモンハンXとFallout4)
あんまりボードゲームできてませんでしたが、
ちょいと息抜きにYucataを覗いたらこのゲームが実装されてたんで、
フレンド誘って数回やってみました。

概要

ダイスをワーカーとして使うワーカープレイスメント。
ユーラシア大陸を中心としたマップ上で自身のコマを動かして
大都市に商館を建てたり、黄金・絹・胡椒などのリソースを使って
名声点を集めていきます。

ルール

重量級ゲームなのでざっくりです。

セットアップ

ゲーム開始時に各プレイヤーはそれぞれ
キャラクターカード1枚と目的地カード2枚を選び、
初期契約書タイルをランダムに1枚受け取ります。

キャラクターカードはプレイヤーごとのパッシブ能力(公開)、
目的地カードは最終的な得点源のひとつ(非公開)になります。

契約書タイルも得点源のひとつで、
各プレイヤーとも最大2枚まで保持できます。
サブアクションとしてコストを支払うことで消費でき、
またメインアクションで新たなタイルを得ることもできます。

ラウンド開始時

プレイヤーはラウンドの始めに自分のダイスを全て振り、
ダイスの出目を決定します。

ターン処理

プレイヤーは自分のターン中に以下の行動が可能です。

  • ダイスを配置してメインアクションを行う(各ターン1回ずつ)
  • リソースを消費してサブアクションを行う(任意)

共有ボードのメインアクションについて

配置したダイスの出目を参照して
その出目以下のものを選んで獲得することができます。

複数のダイスを同時に配置するアクションスペースでは、
配置されたダイスのうち最小の出目を参照してダイスの出目とします。

アクションスペースに既にダイスが置かれている場合も、
それに重ねてダイスを配置することができます。
ただし、自分が置くダイスの出目と同じ金額のお金を
追加コストとして支払う
必要があります。

黒以外の同色のダイスを、共有ボード上の
単一のアクションスペースに配置することはできません。

皇帝の寵愛アクションは、スペースの空きごとに
それぞれダイスを1個ずつ配置できます。
重ねて置くのではないので追加コストの支払いは必要なく、
逆に同一のスペースにダイスを重ねて置くことはできません。
また、既に配置済みのダイスがある場合は
その出目以上のダイスしか配置することはできません

各都市のメインアクションについて

各都市にあるメインアクションは、
自身の商館が建っている都市のもののみ
ダイスを配置してアクションを実行することができます。

既にダイスが配置済みのアクションスペースには
重ねてダイスを置くことはできません。

都市のメインアクションに配置されたダイスの出目は、
表記された効果によって次のいずれかの効果をもたらします。

  • 表記されたアクションを繰り返し実行できる最大回数
  • 受け取るリソース量の条件分岐

サブアクションについて

黒ダイス獲得のサブアクションは、
各プレイヤーのターンに1回ずつしか行うことができません。
ただし、このサブアクション以外の効果と合わせて
同一ターン中に複数の黒ダイスを獲得すること自体は可能です。

ラウンド終了とゲーム終了

全てのプレイヤーがメインアクションを実行できなくなったら
(全てのプレイヤーの手持ちダイスがアクションスペースに配置されたら)
ラウンド終了となります。
5ラウンド終了時点でゲーム終了です。

感想

ワーカープレイスメントらしくなかなかの重さながら、
各都市のアクション・キャラクター能力・目的地、
それに何よりワーカーであるダイスの出目のランダム性により
リプレイ性が非常に高く、やみつきになる魅力がある作品です。

特にこのゲームは、ワーカープレイスメントのワーカーに
ダイスの出目というランダム要素を足したバランスがうまくて。
基本的には出目がデカいほうが見返りも大きいんですが、
アクション重複による追加コストも馬鹿にならないですし、
出目が偏ったなら偏ったなりの行動が取れるのが面白い。

数戦やってみて、お金の勘定に繊細さがあんまりないのが
ちょっと気になる感じでしたが、
それでもシビアな戦いをすると1〜2金がモノをいうこともあり、
これはこれでバランスが取れてるのかなあと。

アクションの重複が許されたワーカープレイスメントなので
後手番でも選択肢の幅はあまり狭まらず、良いことなのですが
あまり慣れていないプレイヤーは毎ターン長考する危険性もあります。
(このゲームに限った話ではないですけどね。。)

sns-widget

更新情報の確認にはこちら!

 - ゲーム紹介 ,