はちど

ボードゲームのレビューなど。

*

Quantum(クォンタム)

      2016/01/19

Hachiです。
BGAに新しいゲームが入って楽しかったのでレビュー書いてます。
今回は、ダイスを使ってあらゆることをする
Civilizationのようなストラテジーボードゲーム
Quantumの紹介です。

概要

プレイヤーは宇宙艦隊の指揮官となり、
惑星の開発競争に勝利するべく未開の惑星に自身の艦隊を派遣します。

ルール

勝利条件

自身のストックにある量子キューブすべてをいち早く
ボード上に置ききったプレイヤーの勝利となります。

ゲーム開始処理

卓の中央に惑星タイルを組み合わせてマップを作ります。
各プレイヤーはマップ中の自分の母星となる惑星に
自身の量子キューブを1つ置きます。

カードはアクティブとパッシブをそれぞれ3枚ずつ表向きに並べ、
残りは分けて山札にしておきます。

各プレイヤーは優勢ダイスと研究ダイスを1の目にセットし、
ユニットダイスを3個振ってそれぞれ秘密裏に確認します。
ユニットの組み合わせを変えたい場合は
各プレイヤー1度だけ3個いっぺんに振り直すことができます。
全員のユニット確認と振り直しが終わったら出目を公開し、
スタートプレイヤーから順にユニットをボード上に配備していきます。
ユニットを配備できる場所は、
自分の量子キューブが置いてある惑星の軌道上(上下左右いずれか)、
かつ他のユニットダイスが配置されていない場所です。

ターン中の処理

プレイヤーは1ターンに3アクションポイントを持ち、
それを消費しながら以下の行動を選択していきます。
特に指示がなければ、各アクション1回の実行につき
アクションポイントを1消費します。
消費できるアクションポイントが残っている限り、
同じターン中に同じアクションを複数回選択しても構いません。

再構成

ボード上にある自分の任意のユニット1つを選び、振り直して出目を変えます。
元々の出目と同じ目が出た場合は振り直さなければなりません。
(再構成の前後で出目は必ず変わっていなければなりません。)

移動/攻撃

ボード上のユニット1つを選び、マップ上を移動させます。
移動はユニットごとに定められた移動力ぶんだけマス目を移動できます。
各ユニットの移動力は、ユニットダイスの出目を参照します。
ユニットの移動方向は上下左右の4方向のみです。
移動中は他のユニットがあるマスを飛び越したり、
自分の他のユニットがあるマスで移動を終了したりすることができません。

1ターン中にユニットが移動できる回数はそれぞれ1回だけです。
移動済みとなったユニットAが同じターン中に何らかの事情で
出目が変わったり屑鉄置き場から再配備されたとしても、
(ユニットAがユニットA’になったとしても)
そのターン中はユニットA’を再度移動させることはできません。
ユニットAを移動させたのち、同じターン中に
全く別のユニットBを移動させることは可能です。

移動時、敵ユニットがあるマスに移動しようとすると
「攻撃を仕掛けた」ことになり、ユニット同士の戦闘となります。
戦闘が発生した場合は、移動してきた方向から
配置済み敵ユニットに接触するようにユニットダイスを置きます。
また、戦闘が始まった時点で移動は終了となります。

戦闘を仕掛けた方が攻撃側、仕掛けられた方が防衛側となります。
戦闘をするユニットを持つプレイヤーは互いに戦闘ダイスを1つ振り、
振った戦闘ダイスの出目とユニットダイスの出目を足し合わせます。
これらの合計値の小さかった方が戦闘の勝者となります。
合計値が同数であった場合は、攻撃側の勝利となります。

防衛側が勝利した場合は特に何も起きません。
攻撃側ユニットは移動してきた方向のひとつ前のマスに戻って配置されます。

攻撃側が勝利した場合、防衛側のユニットダイスは
再構成された上でオーナーの屑鉄置き場に置かれます。
その後、攻撃を仕掛けたプレイヤーは攻撃したユニットを
「元々敵ユニットがいたマスに移動する」か
「ひとつ前のマスに戻る」かを選択し、選んだマスへ移動します。
さらに、攻撃側プレイヤーはユニットを破壊したことにより優勢ダイスの目が+1、
防衛側プレイヤーはユニットを破壊されたことで優勢ダイスの目が-1されます。
(ダイスの目は0以下にはならず、元が1だった場合は1のままです。)

優勢ダイスの目が6になったプレイヤーは、
悪名ボーナスとして即座にストックの量子キューブ1つを
まだ自分の量子キューブが置かれていない任意の惑星に配置します。
その後、優勢ダイスの目を1に戻します。

配備

屑鉄置き場の自分の任意のユニット1つを
自分の量子キューブが置かれた惑星の軌道上(上下左右いずれか)、
かつ他のユニットが置かれていない場所に配置します。
屑鉄置き場にユニットがない場合、このアクションを選択することはできません。

建設

条件を満たした惑星に自分のストックの量子キューブ1つを配置します。
建設が可能になる条件は以下の通りです。

  • 惑星タイル右下の数字と惑星軌道上にある自身のユニットの出目合計が等しい
    (それ以外の自身のユニットおよび惑星軌道上の敵ユニットは無視する)
  • 対象の惑星に自身の量子キューブがまだ置かれていない
  • 惑星タイルの中心の枠(量子キューブの配置マーカー)に空きがある

なお、「建設」のアクションはアクションポイントを2消費します。

研究

自分の研究ダイスの目を+1します。
これにより研究ダイスの目が6を超える場合は、6のままになります。
研究ダイスの目が効果を発揮するのはターン終了時になります。

ターン終了時

ターン終了時には、カードを獲得する機会を得ることがあります。
以下の条件を満たした場合、1回につき1度のチャンスを得られます。

  • ターン中に量子キューブを1つ配置した
  • 研究ダイスの目が6の状態である

研究ダイスの目でカードの獲得チャンスを得た場合、
カード獲得の処理が完了したら研究ダイスの目は1に戻されます。

カードの獲得チャンスには、以下のいずれかを選択することができます。

  • 表向きの6枚から1枚を獲得する
  • 表向きの6枚すべてを破棄する(カードは得られない)

減ったカードは同種類のものがそれぞれ山札から補充され、
常に表向きのカードは6枚の状態が保たれます。

カードの効果について

カードの効果には、アクティブとパッシブの2種類があります。

カードの左側に白い帯のあるほうがパッシブで、
プレイヤー1人につき3枚まで持つことができます。
4枚目以降にパッシブカードを獲得した場合は、
それまでに持っていた3枚から1枚を選んで捨て札にします。
パッシブカードはプレイヤーが持ち続けている限り常に効果を発揮します。
「ターンに一度」などの制限は全てカードの記載に従います。
また、パッシブカードの能力は既存のルールを上書きします。

カードの左側に白い帯のないほうがアクティブです。
こちらのカードはプレイヤーが獲得したタイミングで即座に能力を発揮します。
能力が解決済みとなったカードは捨て札となります。

ユニットの種類と特殊能力

前述のアクションで述べた通り、
ユニットダイスの出目はそれぞれのユニットが持つ
移動力と攻撃力を表していますが、
さらにそれぞれの出目は対応したユニットの種類をも表し、
その種類に応じた特殊能力を各ユニットが保有しています。

これらの能力は各ユニットに対応したものが使用可能であり、
ユニットごとに1ラウンドに1回ずつ使用できます。
また、能力の使用にはアクションポイントを消費しません。

1: 戦闘基地

能力:爆撃
隣接(上下左右)の敵ユニット1つを攻撃する。

能力による攻撃は移動として扱いません。
移動済みだった場合も能力を使用して攻撃を行うことができ、
移動していない場合は能力使用後に移動/攻撃することができます。

2: 旗艦

能力;搭載
周囲(斜めを含む8マス)の自ユニット1つを上に載せ、2マスまで移動する。
その後、載せたユニットを周囲(斜めを含む8マス)の空きマスに配置する。

BGAでは、母艦の能力による移動は「移動」アクションとして
アクションポイントが1消費されます。(そういうルールみたいです。)
能力によって移動した自機は「移動済み・能力使用済み」として扱われますが、
搭載した別のユニットは元の状態と同じ扱いになります。

3: 駆逐艦

能力:ワープ
ボード上の自ユニット1つと自機の配置場所を交換する。

この能力はいずれのユニットも移動扱いになりません。
移動済みのユニットとワープして自機を進めることも、
自機の移動後に他のユニットとワープして
他のユニットの移動を助けることもできます。

4: フリゲート艦

能力:改修
自身の出目を3か5に変更する。

この能力を使用して自機の出目を変更した場合、
自機は「能力使用済み」のユニットとして扱われるため、
同じターン中に駆逐艦・迎撃機の能力を使用することはできません。

5: 迎撃機

能力:機動
自身が移動するとき、斜めにも移動できる。

斜め方向への1マス移動を1移動力の消費で行うことができます。
斜め移動を使わずに到達できるマスへの移動を行った場合は
「能力未使用」のユニットとして扱います。
逆に、斜め移動をしなければ到達できないマスへ移動した場合は
「能力使用済み」として扱われます。

6: 偵察機

能力:無料再構成
自身の再構成を行う。

再構成のルールはアクションの「再構成」に準じます。
能力による再構成なのでアクションポイントの消費はありません。
ただし、この能力によって再構成されたユニットは
「能力使用済み」として扱われるため、再構成後のユニット能力は
同じターン中には使用することができません。

雑感

プレイする前は、スペースファンタジーな世界観が合わないかもとか
ダイス使うんだから結果運ゲーなんでしょう?みたいな不安もあったんですが、
そんなのは気にならないくらい面白いゲームでした。
FFタクティクスやディスガイアのようなシミュレーションRPG、
または冒頭で述べたようなCivilizationが好きな人には
けっこうツボなんじゃないかなーと思います。
それらのゲームよりもサクッと終わらせられるのが好印象。

このゲームで使うコンポーネントの主役はとにかくダイスです。
見てもやってもこれがダイスゲーであることを疑う人はいないと思います。
しかし、だからといってこのゲームは
ダイス目で結果が決まる運ゲーでは決してありません。
ダイスの目とカードのデッキ以外の全ての要素は
全員に等しく公開された情報になっている、割とガチガチの戦略ゲーです。
ダイスの目はあくまでランダマイザであり、
必勝・必敗を極力なくす役割や毎回違うプレイ体験を提供する役割を担っています。

また優勢点や研究点のカウントも6面ダイスで行うことで、
「1未満にはならない」「7以上にはならない」といった
溢れるぶんは無効という制約を自然に表現することができている点も巧い。

マップはタイルを組み合わせて作る形になっていて、
組み合わせ例が色々あるのも楽しいポイント。
マップの形状によって、戦闘の起きやすさ・起きにくさが大きく違ったり
要になる惑星を取る、足場を固めながら進める、いきなり敵陣に突っ込むなど
色々な戦略が考えられるのがすごく楽しい。

カードの効果は多種多様ですが、どれも強めにデザインされています。
(中にはぶっ壊れとしか思えないカードもいくつかあったりしますが。)
カード1枚1枚の効果が高いことで、カードを得るための「研究」もまた
余裕があれば取っていきたいアクションのひとつになっています。

海外版はちょっと前に日本にも少し入ってきてたっぽいですが
今は在庫がないみたいです。見つけたら是非買っておきたいですね。

[追記]購入しました!


sns-widget

更新情報の確認にはこちら!

 - ゲーム紹介 ,