はちど

ボードゲームのレビューなど。

*

ブルーノ・フェイドゥッティのマスカレイド

      2016/01/19

Hachiです。
あやつり人形のデザイナーとして知られる
ブルーノ・フェイドゥッティの新作
マスカレイド」多言語版が発売となりました。

さっそく購入・プレイしてみましたので、
レビュー記事をまとめていきます。

概要

さまざまな役職の能力を使って、
たくさんのお金を集めることが目的です。

しかし、ここは仮面舞踏会。
仮面をつけて踊り回っているうちに、
誰が何の役職だったか、わからなくなっていきます。
彼らは口々に自分の役職を名乗っていますが、
さて、本当にそうなのでしょうか。

ルール

ゲームの勝利条件

ゲーム終了時、いちばん多くのお金を持っていた人が勝利です。

ゲームの終了条件

いずれかのプレイヤーの所持金がなくなるか、
いずれかのプレイヤーの所持金が13金を超えた時点で
即座にゲームが終了します。

ゲームのセットアップ

ゲーム中で使用する役職のカードと、
その役職が書かれたタイルをテーブル中央に並べます。
また、必要に応じて役職サマリを配ります。

各プレイヤーは所持金として4金を持ちます。
また、役職のカードをランダムに1枚ずつ持ち、
全員に公開します。

4~5人でのゲームの場合はいずれも
6枚のカードをゲーム中で使います。
プレイヤーに配られなかった役職カードは
テーブルの中央に置き、同じように公開します。
これらもゲーム中で使用できます。

2、3人でのゲームは特殊ルールのため割愛。

全員が全てのカードの位置を確認したら
全てのカードを裏向きにし、ゲームを開始します。

ゲームの進行

1ターンの間にプレイヤーは次のいずれかのアクションを行います。

  • 自分のカードと他のカード1枚を交換(または交換のふりを)する
  • 自分のカードを秘密裏に見る
  • 役職を宣言し、効果を使用する

なお、役職に不確定性を持たせるため、
ゲームの最初の4ターンは必ず
交換のアクションを行わなければなりません。

カードを交換(またはふりを)する

自分の役職カードと他の役職カード1枚を手に取り、
テーブルの下などに隠した状態でカードを交換
(または交換のふりを)します。
このとき、いずれのカードも表側を見ることはできません

自分のカードを見る

自分のカードの表側を、自分だけが確認します。
それだけです。

役職を宣言し、効果を使用する

役職にはそれぞれ効果があり、役職を宣言することで
その効果を使用することができます。
# カードの効果は後述。

このとき宣言する役職は、自分のカードの役職でなくても構いません

役職が宣言された場合、他のプレイヤーは
宣言された役職と同じ役職を宣言することができます。
人狼における対抗COのようなものです。

他のプレイヤーが誰も対抗COしなかった場合は、
自分の役職カードを公開せずに役職の効果を使用します。

他のプレイヤーに対抗COされた場合、
役職を宣言した全員が役職カードを公開します。
その結果、宣言した役職と同じカードの持ち主が
その人のターンでなくても)役職の効果を使用します。
その後、宣言と異なる役職を持っていたプレイヤーは
ペナルティとして1金を裁判所へ支払わなければなりません。

稀によくある状況の処理

カード交換時に誤ってカードの表側を見てしまった

この場合は、見てしまったカードを自分の役職とし、
次の自分のターンには「カードを見る」アクションしか実行できません。

自分の1つ前のプレイヤーのターンで役職カードを公開した

この場合は、既に公開された役職の能力を行使することはできず、
「カードを交換する」アクションしか実行できなくなります。
# 公開されたのが直前のプレイヤーターンでなければ

これには当てはまりません。多分。

役職カードの効果

[8+]と書かれた役職は、8人以上でのゲームでのみ使用します。
また、農夫以外の役職カードは全て1枚ずつしかありません。

銀行からお金を得られる役職

使用される役職カードのうち3分の1は、この中から選びます。

銀行から3金を受け取る。
女王
銀行から2金を受け取る。
未亡人
自分の所持金を10金にする。
農夫[8+,2枚]
銀行から1金を受け取る。
農夫が2枚公開された場合は、2金を受け取る。
道化
銀行から1金を受け取る。
その後、自分以外のカード2枚を表側を見ずに交換(または交換のふりを)する。

他人からお金を奪う役職

泥棒
両隣のプレイヤーから1金ずつ受け取る。
司教
最もお金を持っているプレイヤーから2金を受け取る。
魔女
他のプレイヤー1人を指名し、持ち金を交換する。
審問官[8+]
他のプレイヤー1人を指名し、役職を宣言させる。
その後、指名したプレイヤーの役職カードを公開し、
宣言と合致していなかった場合はそのプレイヤーから4金を受け取る。

その他の能力の役職

判事
裁判所にあるお金を全て回収する。
この役職は、全てのゲームに使用される。
密偵
自分のカードと他のカード1枚の表側を見て、交換(または交換のふりを)する。
詐欺師
10金を持っていればゲームに勝利する。

雑感

ルールを読んでいた段階では
デメリットの薄いクーのようなものと思っていました。
で、表面上のプレイ感もあまり違わず。
要は、平気な顔で嘘がつける人間が勝つゲームです。

とはいえ、騙りがばれたら即脱落の負けぬけゲームとは違い
こちらは嘘がばれても1金払うだけなので、
積極的に騙ったり対抗COで妨害したりしていくのがよさそう。

騙りを指摘するには、単にダウトを宣言するのではなく
「自分こそがその役職である」という対抗COをしなければならない
という点も面白いポイントで、騙りであっても
他の人たちにその役職である自信がなければスルーされて通る、
ということもままあったりします。
自身のカードが交換対象にならずに1巡した場合は、
騙りでも同じCOをしてゴリ押しするというのもひとつの戦法です。

対抗COは、1金払うのと引き替えに
本来であれば自分のターンを1回消費しなければならない
自身の役職の確認ができます。公開されてしまいますが。
さらに、もし騙っていたら、そのプレイヤーの行動を
妨害できるおまけつきなので、
破産さえしなければ大きなデメリットは無いように思います。

役職の効果については、銀行からお金をもらう役職と同じくらい
他人からお金を奪う役職も充実していて、
突出してお金を稼いでしまうとすぐに標的にされ、
場のお金はかなり均等に分布するようになります。

ゲームの終わりは割とあっさりした感じで、
大きな盛り上がりのようなものはないです。
むしろ、そのあとに「実は…」といって公開されるカードが
ずっとCOしていたのと全く違うカードだったりして、
ゲームが終わった後に盛り上がるゲーム、のように思いますw

役職の宣言は「私は○○です」とだけ言うのではなく、たとえば
「私は王です。銀行から3金もらいます。」とか、
「私は密偵です。カードを見て交換します。」とか、
役職の効果も合わせて宣言すると、親切かなと思いました。

あとは、コンポーネント。
特筆すべきは役職カードの大きさです。無駄にでかい。
Dixitと同じサイズ(80×120)らしいです。
美麗なイラストを堪能できるのは良いのですが、
テーブルの下に隠して交換する都合上、
取り回しには苦労したりもします。
ゲーム中にはほとんど表面を見られないですし。
あと、お金のチットが紙だったのは残念でした。
13金集めれば勝ちのゲームだから、10金のチットは
両替が必要になるだけで、そんなに要らないような。

プレイ人数が2〜13人と幅広く、
ゲーム会では割と重宝するゲームのようにも思います。
人狼のような正体隠匿系、騙りの要素が強いので、
知ってる相手とプレイできれば、より楽しめそうです。
今度のゲーム会に持参して、反応を見ようかな。

sns-widget

更新情報の確認にはこちら!

 - ゲーム紹介