はちど

ボードゲームのレビューなど。

*

当サイトについて

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。
このサイトは、ボードゲームのレビュー記事を中心に、
筆者の日々の興味について綴っています。

ボードゲームのレビューでは、
当該ゲームをプレイする際の手引きとなってもいいように
なるべく簡潔かつ丁寧にルールを記載することにしています。
同時に、「プレイすればわかる」程度の
あまり重要でない個数や枚数などの情報は
敢えて書かないようにすることで、
代替品によるゲームのコピーを防止しています。
記事を読んでゲームに興味が湧きましたら、
ぜひご購入くだされば幸いです。

また、たまにボードゲームとは関係のない記事を
アップすることもありますが、ご容赦頂ければと思います。

筆者について

Hachiと申します。

ボードゲームプレイ歴は10年以上。
好きなボードゲームはプエルトリコとカタンです。
カタンはプレイ回数4桁超、プエルトリコは3桁台後半くらいです。
オープン会の参加は、長野県松本のボードゲームサークルPOPさんで
定例会と人狼会のほぼ立ち上げから途中までと、
愛知県名古屋市のアナログゲームナイトに数回です。
名古屋ではクローズ会の参加と社内サークルの主催もしています。

仕事はIT系のエンジニアです。
主にLAMPと呼ばれるWebシステムまわりが得意です。
ネットワーク・インフラからWebデザインまでを一通り経験しています。
好きな言語はRubyです。業務で使ったことはほとんどないですが。

略歴

ネットワークには、趣味としてISDN黎明期くらいからどっぷり浸かっていました。
当時、私は中学生くらいだった気がします。
その頃から、いわゆるギークな子供でした。

その頃のインターネットはブログやSNSなんかのWebサービスは充実しておらず、
自己表現の手軽な手段はチャットか掲示板(BBS)。
もっと何かをしたい場合は、自分でホームページを開設するのが普通でした。
多分に漏れず私もその流れに乗り、
当時流行りだったニュースサイトの形式でホームページを作っていました。

ホームページビルダーなどのWeb開発ツールは高価で子供には手が出せず、
HTMLの文法をネットで調べてはメモ帳でタグを打つという
最もお金のかからない方法でホームページを作っていたのを思い出します。
HTMLやCSSなんかの基礎知識はその頃に養うことができていて、
今の仕事があるのはそのときに培った知識があるからと思っています。

そのときの名残で、今でもプログラム開発は統一開発環境より
Sublime Textでコード打ってた方が楽しかったりします。
また、 お金をかけなくてもスキルアップする方法は
いくらでもある
という持論はその頃に醸成されました。

大学選択の際にも、その趣味が活かせるようにと、
情報系の大学に進学することにしました。
1浪してますが、予備校には通わず、
予備校講師の参考書を読みあさりながら自宅で勉強してました。
大学では、アルゴリズムやデータベース、通信など一通りの情報知識の基礎を習得し、
在学中には基本情報技術者試験にも合格することができました。

就職活動からその後は、リーマンショックや震災の影響で不本意な結果ばかりでしたが、
就職から3年経ってはじめて、楽しいと思える仕事と職場に出会うことができました。
さらにその職場を離れてからも自分のやりたいことを必死に訴え続け、
今は仕事が半分趣味とも言える、充実した毎日を送れています。

公開日:
最終更新日:2016/02/13